頭金は必要?

頭金は必要?

できるだけまとまった費用は抑えたいので頭金の有無は気になるところです。

この記事では頭金についてカーリースとカーローンの場合をそれぞれ解説します!

 

 

 

頭金は「あり」と「なし」どちらのパターンもある!

頭金がありの場合

メリット

車の総購入価格が低くなる

頭金を支払うことで、車の購入価格が減ります。その結果、車のローン残高が小さくなり、支払う利息も少なくなります。

月々の支払いが低くなる

頭金を支払うことで、ローン残高が減るため、毎月の支払い額が低くなります。

ローンの審査が容易になる

頭金を支払うことで、車の価格が下がるため、ローンの審査が通りやすくなる場合があります。

 

デメリット

一時的な出費が必要

頭金を支払うために一時的に大きな金額が必要になる場合があります。

投資のチャンスを逃す

頭金を支払うために現金を使うことで、その現金を他の投資に回せなくなる可能性があります。

 

頭金なしの場合

メリット

一時的な出費が軽減

頭金を支払わないため、初期費用を抑えることができます。

投資の機会を得られる

頭金を支払わないことで、そのお金を他の投資に回すことができるかもしれません。

 

デメリット

総支払額が増える

頭金を支払わない場合、ローン残高が大きくなり、総支払い額も増える可能性があります。

 

ローンとリースのシミュレーション

車両価格を300万円とした場合のシミュレーションです。

車両価格が300万円の場合

ローンのシミュレーション

  • 頭金:100万円
  • 金利:4.0%(年利)
  • ローンの期間:5年(60ヶ月)

月々の支払い額のシミュレーション: ローン残高 = 車の価格 – 頭金 = 300万円 – 100万円 = 200万円

月々の支払い額 = (ローン残高 * 月利率) / (1 – (1 + 月利率)^(-ローン期間))

月利率 = 4.0% / (12 * 100) ≈ 0.00333 月々の支払い額 = (200万円 * 0.00333) / (1 – (1 + 0.00333)^(-60)) ≈ 36,464円

 

リースのシミュレーション

  • 頭金:50万円
  • 金利(リースレート):3.5%(年利)
  • リース契約期間:3年

月々の支払い額のシミュレーション: リース料金 = (車の価格 – 頭金) * (1 + 金利) / リース契約期間 リース料金 = (300万円 – 50万円) * (1 + 0.035) / 36 ≈ 7,778円

この例では、ローンの方が月々の支払い額が高くなっています。車の価格が低いため、ローンの返済額が減少し、リースの方が月々の支払い額が低くなりました。

実際の契約を行う際には、車の価格や金利、契約条件などをよく比較し、自分の経済状況に合った選択をすることが大切です。また、ディーラーや金融機関と相談して、正確なシミュレーションを行うことをおすすめします。

結論

お得な選択は個人の経済状況や投資目標によって異なります。

一般的には、頭金を支払った方が総支払い額が少なくなり、月々の支払いも抑えられる傾向がありますが、一時的な出費を嫌う場合や他の投資にお金を回したい場合には、頭金なしの選択も考慮されるでしょう。購入前に慎重に計画を立て、自分にとって最適な選択をすることをおすすめします。

 

②カーローンの場合は頭金が必要になる可能性が高い

車を購入する際に、多くの人がカーローンを利用します。カーローンは、車の価格を一括で支払う必要がなく、月々の支払いで車を購入できる便利な方法です。

毎月支払いをしていくやり方はリースと似ていますね。

しかし、カーローンでは頭金が必要になるケースやそのメリットがあります。以下で詳しく説明します!

 

頭金が必要なケース

カーローンでは、車の価格の一部をあらかじめ現金で支払うことが頭金となります。頭金が必要な主なケースは次の通りです。

信用リスクを軽減するため

頭金を支払うことで、融資を受ける金額が減少します。ローン提供会社は、顧客の返済能力や信用リスクを評価し、ローンを承認します。

頭金を支払うことで、借入金額が抑えられ、貸し手の信用リスクが軽減されるため、ローンの審査が通りやすくなることがあります。

総支払額を減らすため

頭金を支払うことで、ローンの残り額が減少します。その結果、月々の支払い額が抑えられます。

大きな頭金を支払うほど、月々の支払い額が小さくなり、返済が負担になりにくくなります。

頭金のメリット

カーローンで頭金を支払うことには、以下のようなメリットがあります。

低金利を利用できる

頭金を支払うことで、ローンの額が減少します。借入金額が少ない場合、貸し手は低リスクの顧客とみなし、より低い金利を提供する可能性があります。

低金利を利用することで、総返済額が減少し、コストを削減できます。

車の価値を保持しやすい

頭金を支払うことで、初期段階で車の所有権が部分的に確立されます。そのため、車の価値を保持しやすくなります。

頭金を支払わない場合、車の価格が急激に下落してもローン残高が大きくなり、債務と価値のギャップが生じる可能性があります。

③頭金無しでお得にリースするなら・・・

頭金不要でも大丈夫!

返却はいつでもOK!がサービスの1つの内容なので、車が不要になればを返却することが可能です!しかも違約金は0円です。

サンキュッパリースは中古車をリースするサービスですので、月額の支払い費用に税金などの多くの維持費が含まれています!

なので車検を見越して家計をやりくりしたり、そんな計算が不要になるメリットもあります。

サンキュッパリースの詳細はこちらをご覧ください。

合わせて読みたい!

道内13店舗のコスモ石油やスポーツカー専門店GT STOCCARを運営の北海道カーオイルが展開する新しいカーリースです! ※現在取り扱い店舗は江別角山店のみとなります。 […]

 

④サンキュッパリースの在庫情報はこちら

サンキュッパリースの在庫情報はこちらからご覧いただけます!

掲載在庫は随時更新しておりますが、未掲載の在庫も多数ございますのでお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

 

※本コラム公開時の情報です。

※本コラムに掲載の内容は、公開時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定などにより異なる場合がございます。予めご了承ください。

 

運営元:北海道カーオイル株式会社(https://hokkaidocaroil.com

Previous slide
Next slide

※途中解約について

中古車リースは最低1年間の契約の上でのプランとなります。

ご利用から1年以内で途中解約された場合、違約金が発生致します。

ただし1年間分のご利用料金が全納され返金無し、違約金は掛からず営業時間内でしたら、いつでも早期返却可能です。


なお、初期費用は名義変更手続き費用となりますので対象外となります。途中解約違約金がご入金になった時点で契約終了となります。またご利用前(ご予約段階)での取消は、初期費用50,000円税別+1ヶ月分のご利用料金が解約違約金となります。

途中違約金算出方法

ご利用にならなくなった月額料金×50%(月単位のみ)+途中解約手続き料金10,000円税別

Previous slide
Next slide