カーリースの審査ってどんな感じ?

カーリースの審査ってどんな感じ?

カーリースや車の購入。心配なのが「審査」の人も多いのではないでしょうか?

今回はカーリースの場合の審査について考えていきます!

 

 

 

①そもそもカーリースには審査がある?

「そもそもカーリースって審査あるの?」

こんな風に思った方もいますよね?

確かに「ローン」を組むわけではないのでそう思うのも納得です。

結論としては、ほぼ全てのカーリースで審査があると考えて良いと思います。

なぜかというと、カーリースは期間(3年/5年/7年など)を決めてその期間内は解約をできないことが原則となっています。

解約ができたとしても解約の違約金が発生します。

これはリースの仕組みでは仕方がないことなんです。

車両の月額リース費用は契約期間が短ければ高くなりがち、長ければ安くなりがち。つまり、契約期間は月額費用を決める要素の一つです。契約期間をもとに、その車両で最終的に利益が出せる金額で月額費用を決めますので、「途中解約」や「支払い不能」になってしまうとリース会社は損失を出してしまいます。

そのため、最後まで支払い可能か、契約者の支払い能力を確認するためにリースでも審査をしています。こう考えるとオートローンと実態は似ています。

サンキュッパリースはリース形態が通常のマイカーリースとは異なりますので、審査自体は不要になっています。もちろん、場合によっては「支払いがされない上に車が返却されない」などのリスクもありますので、支払い可能かの確認はさせていただいております。

 

②カーリースの審査に落ちるのはなぜなのか?

審査というのは、審査結果のみしか告知されません。

なので、審査に落ちた場合はその理由を明確に知りうる手段がないのです・・・。

「総合的に判断した結果」という理由しか教えていただけないケースがほとんどでしょう。

ただし、審査落ちの大きな理由は、例えば以下が予想されるのではないかと考えられます!

クレジットカードや携帯電話料金の延滞があった

クレジットカードの利用状況は個人の信用情報に記録されています。

未払いなどがありますとしっかりと記録されています!

もっとうっかりやってしまいがちなのが、携帯本体代を分割で購入した場合の未納です。実はこれも立派なローン契約なので信用情報にしっかりと記録されていきます。

信用情報といってもローンやクレジットカードを使用していることが悪いことではありません。むしろ現代においては当たり前なので。

問題なのは、約束通り支払いをしているのか?

ここをチェックされます。

 

年収が足りない、勤続年数が短い

日本では正社員であり、勤続年数が長いと比較的信用のスコアが高くなるケースが多いです。

そもそも年収が足りないというケース以外にも勤続年数や雇用形態も考慮されるケースは多々あるようです。

年収が少ない場合ですと、収入に対する支払いの負担が増えてしまうため支払い負担率が高くなることになります。

つまり、同じ金額の返済(支払い)の場合は年収が多い方が負担率が下がるので、支払い能力がある確率が高く評価されやすいということになります!

他の借入が多い

他にもローンや消費者金融などから借入があると審査に落ちる確率は高くなります。

年間返済比率(年収に占める年間返済額の割合)が規定以上であると支払うことができないとみなされるケースが多いからです。

スーパーホワイト

少しレアなケースですが、信用情報への記載が全くないケースも審査落ちする場合があるそうです。

信用情報がないというのは、ローンも組んだことないし、クレジットカードも作っても使ってもいない。こんな場合には信用情報に記録されるような金融取引がないため信用情報が真っ白(スーパーホワイト)となります。

判断が難しいため、審査落ちの可能性が高くなるケースもあるそうです。

 

③審査では何を見られる?確認される?

申込者の情報を元に、支払い能力があるか?を資確認してきます。

・年齢

・家族構成

・年収

・住居

など、様々な項目から総合的に判断されます。信用情報とこれらの個人の属性から判断されることになります。

借家より持家の方が「資産」を持っていることになりますので担保となるものがあるから安心であったり。

色々な要素を加味されます。

 

④審査不要のカーリースはこれだ!

やっぱり審査ってなんか不安だし、実際支払いができるのに落ちてしまうケースもあります。

 

そんな方はサンキュッパリースなら審査不要のため利用可能です!

車の供給や収益モデルが通常のカーリースと異なるため、審査不要でリースが可能です。

 

返却はいつでもOK!がサービスの1つの内容なので、仮に支払いがが難しくなってしまっても車を返却することが可能です!しかも違約金は0円です。

サンキュッパリースは中古車をリースするサービスですので、月額の支払い費用に税金などの多くの維持費が含まれています!

なので車検を見越して家計をやりくりしたり、そんな計算が不要になるメリットもあります。

サンキュッパリースの詳細はこちらをご覧ください。

合わせて読みたい!

道内13店舗のコスモ石油やスポーツカー専門店GT STOCCARを運営の北海道カーオイルが展開する新しいカーリースです! ※現在取り扱い店舗は江別角山店のみとなります。 […]

 

④サンキュッパリースの在庫情報はこちら

サンキュッパリースの在庫情報はこちらからご覧いただけます!

掲載在庫は随時更新しておりますが、未掲載の在庫も多数ございますのでお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

 

※本コラム公開時の情報です。

※本コラムに掲載の内容は、公開時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定などにより異なる場合がございます。予めご了承ください。

 

運営元:北海道カーオイル株式会社(https://hokkaidocaroil.com

Previous slide
Next slide

※途中解約について

中古車リースは最低1年間の契約の上でのプランとなります。

ご利用から1年以内で途中解約された場合、違約金が発生致します。

ただし1年間分のご利用料金が全納され返金無し、違約金は掛からず営業時間内でしたら、いつでも早期返却可能です。


なお、初期費用は名義変更手続き費用となりますので対象外となります。途中解約違約金がご入金になった時点で契約終了となります。またご利用前(ご予約段階)での取消は、初期費用50,000円税別+1ヶ月分のご利用料金が解約違約金となります。

途中違約金算出方法

ご利用にならなくなった月額料金×50%(月単位のみ)+途中解約手続き料金10,000円税別

Previous slide
Next slide